新しい味を生み出す!食品の「商品開発」の仕事内容

RDサポート人材派遣

  • よくある質問
  • アクセス
  • サイトマップ

クイックWebエントリー

お問い合わせ・ご相談
0120-106-924

新しい味を生み出す!食品の「商品開発」の仕事内容

このエントリーをはてなブックマークに追加

新しい味を生み出す!食品の「商品開発」の仕事内容

わたしたちが生きていく上で欠かせないのが「食」です。
身体活動のためのエネルギー源となるのはもちろん、おいしい食事は心を満たすためにも大切なものですね。

そんな大切な食に、開発者として携わってみたいと考えている方も多いのではないでしょうか?
そこで今回は、「商品開発」の仕事内容についてご紹介したいと思います。

商品開発ってどんなお仕事?

食品開発職とは、一言で言えば「新しい味を生み出すお仕事」です。
食品にまつわる新商品の企画・開発や既存商品の改良を行う仕事のほか、自社商品をつかったレシピ開発の仕事があり、食品メーカーの開発研究所や飲食店の本社開発室などが主な勤務先となります。

例えば新商品の開発では、商品コンセプトを企画し、それに従って原料選びや製造方法を考え、試作と試食、改良を繰り返して商品を作り上げていきます。原材料の調合方法や分量が少し違うだけで味や食感などが大きく変わってしまうため、地道で細かい作業が多く、根気がいる仕事です。また商品自体の開発だけではなく、開発のための市場調査や品質分析、商品をより魅力的に見せるためのパッケージ開発なども行います。

また意外と知られていないのがレシピ開発です。こちらは一般的にイメージされる商品開発とは若干異なり、レストランのメニューを考案したり、企業の自社商品を使ったアレンジレシピを作成してHP等に掲載する仕事で、調理や掲載のための写真撮影なども行います。料理が好きな方や、栄養や調理に関する資格をお持ちの方に適した仕事だと言えるでしょう。

新商品が企画から販売されるまでの流れ

新商品が企画・開発されて市場に出るまでのフローは、企業や施設によって異なる部分もありますが、大まかに以下のような流れとなっています。

(1)商品企画
営業部門やマーケティング部門などと連携を取りながら、商品の分析などを行い、新商品の具体的なコンセプトを決定します。
 ↓
(2)試作・試食
コンセプトに合わせて試作品を開発し、社内外のモニターなどによる試食調査を行って改善を繰り返していきます。この過程で商品コンセプトの見直しが行われることも。
 ↓
(3)商品化・販売
市場導入のプランなどを検討した上で商品化を決定し、価格や広告・販促戦略などが練られ、店頭に並びます。

食品開発職にはどんな人が求められる?

新しい味を生み出す!食品の「商品開発」の仕事内容

食品開発の仕事に就くには、農学・生化学・栄養学などの専門知識が必要となります。
このため、大学や大学院、専門学校や短大などでこれらの知識を学んだ人が求められます。

転職の場合には、食品開発の実務経験が求められるケースも少なくありません。
また、開発業務には多くの人が関わってくるため、コミュニケーション能力も必要です。

持っていると役立つ資格としては、「栄養士」「管理栄養士」などが挙げられます。必須ではありませんが、栄養の知識を持っていることが商品開発に役立つこともあるためです。

「食の安全」への関心が高まる昨今、商品開発職はますます重要なポジションになりつつあります。専門知識を活かしつつ取り組むことができる、やりがいのある仕事の一つだと言えるでしょう。

【食品・化粧品・医薬品業界への転職ならRDサポート人材派遣】


RDサポート人材派遣では、理系女子の様々なライフスタイルやキャリアステージに合わせた転職活動を応援しています。

現在転職を考えている方はもちろん、今のお仕事を続けていくべきか悩んでいる方、初めての転職で不安な方も、まずはRDサポートのキャリアアドバイザーに相談してみませんか。






このエントリーをはてなブックマークに追加