商品開発の祭典!「食品ヒット大賞」について

RDサポート人材派遣

  • よくある質問
  • アクセス
  • サイトマップ

クイックWebエントリー

お問い合わせ・ご相談
0120-106-924

商品開発の祭典!「食品ヒット大賞」について

このエントリーをはてなブックマークに追加

商品開発の祭典!「食品ヒット大賞」について

年に1度、前年に流通した食品の中でもっともヒットした商品を選考して表彰する「食品ヒット大賞」というものをご存じでしょうか?

普段、コンビニやスーパーなどに並べられる商品が評価されるため、私たちにも身近な祭典と言えます。

ここでは、食品ヒット大賞についてご紹介致します。



食品ヒット大賞とは


昭和57年に「日本食糧新聞」の創刊40周年を記念して設けられました。
賞には「食品ヒット大賞」「優秀ヒット賞」「ロングセラー賞」があり、前年に流通した食品の中から最もヒットした商品を、全国にある100社を超えるモニター企業の推薦により選考し、表彰しています。

以下に具体的な概要を紹介します。

対象商品
1. 対象はその年度(1~12月)の1年間に食品業界の新しい商材として、業界に活発な需要を生み出し、その商品を取り扱う流通部門を潤すとともに市場を活性化した商品といたします。
2. 新商品として発表された年度にはこだわらず、市場でその年度間にヒットした商品といたします。
3. 家庭向け加工食品(酒類・飲料を含む)を対象といたします。
4. ロングセラー賞は戦後に開発された商品で、時代ニーズを先取りし、10年以上にわたる長期間、その分野で上位の売り上げを確保し、今日に至るまで流通部門を潤している商品を対象といたします。

何を基準に評価しているの?
1. 需要創製に貢献したもの
2. 市場活性化に役立ったもの
3. 販売増加に寄与したもの
4. アイディアに富んだ広告・販促活動が効果をあげたもの
5. 所属企業で、リーダ的な起爆剤となったもの
6. 産業・ビジネスの新しい方向を思向した新規性のあったもの
引用元:日本食糧新聞社

大賞受賞商品


過去に大賞を受賞した商品には、アルコールを飲みたくても飲めない人のためのノンアルコールビール「キリンフリー」や、ラーメン専門店に負けないクオリティを目指して作られたカップめん「日清 ラ王濃厚コク醤油豚骨」 など、誰もが一度は見たり実際に食べたことのある商品が表彰されています。

2014年度は、プリン体と戦う乳酸菌で話題になった「明治プロビオヨーグルト」が大賞を受賞しています。

これまでの優秀ヒット賞


近年、惜しくも大賞を逃した商品には、ノンオイルスープ・ノンフライ麺・コレステロールゼロでいて美味しさを実現した 「サッポロ一番グリーンプレミアム0(ゼロ)」や、特定保健用食品(トクホ)で知られる「からだすこやか茶W(ダブル)」などがあります。

受賞した食品をみると、健康志向の食品が増えてきていることが分かります。

どんなヒット商品も人の手で作られている

女性が管理職として活躍している


誰にでも、コンビニやスーパーに行けば、お気に入りのお菓子や飲み物があることでしょう。 そしてそれらの食品を作っているのは、企業に勤める研究開発職の社員なのです。

開発チームで新しい商品、安全で美味しいものを届けようとする仕事は、大変やりがいもあり面白いものです。
世間一般に個々の名前が発表されなくても、この「食品ヒット大賞」という評価される機会があることで、より一層仕事に深みが増すでしょう。

食品ヒット大賞は、現在のニーズや商品の動向を探る機会にもなり、商品開発者の目標にもなります。
食品開発の職種に就こうと考えている人は、ぜひ食品ヒット大賞に注目してみてくださいね。