会社員と公務員? 食品衛生管理者と食品衛生監視員の違いとは

RDサポート人材派遣

  • よくある質問
  • アクセス
  • サイトマップ

クイックWebエントリー

お問い合わせ・ご相談
0120-106-924

会社員と公務員? 食品衛生管理者と食品衛生監視員の違いとは

このエントリーをはてなブックマークに追加


会社員と公務員? 食品衛生管理者と食品衛生監視員の違いとは


食品衛生に携わる仕事には「食品衛生監視員」と「食品衛生管理者」という2つの資格があることはご存知でしょうか。

今回は、名称は似ていますが役割が異なる2つの資格についてご紹介します。 資格取得を検討している方や食品衛生に携わる仕事への転職を望まれている方は参考にしてくださいね。



食品衛生監視員とは


食品衛生監視員は、国の自治体や検疫所などで働く公務員が取得する資格です。
全国にある空港や港といった検疫所で勤務する場合は国家公務員、保健所などで勤務する場合は地方公務員となります。

食品メーカーや飲食店などの営業許可認定や営業施設の立ち入り調査、衛生指導などのほか、輸入食品の監視、検査、検疫など、食品衛生法に基づいて食の安全を守るための業務を行います。


食品衛生管理者とは


食品衛生管理者も食品衛生に関わる国家資格ですが、こちらは食肉製品や乳製品の加工・製造に関わる民間企業の施設で働く会社員が取得する資格です。主に消費者へ安全な食品を提供するための衛生管理業務を行います。

また、食肉製品・乳製品・食品添加物・食用油脂などの製造・加工に携わる施設には、専任の食品衛生管理者を1名以上配置することが義務付けられています。

そのためこの資格を持つことで、転職の際に食品に関連した企業への就職が有利になる可能性があります。また職務手当てが付く場合もあり、基本給が高くなる可能性もあります。

どちらの資格も任用資格と呼ばれるもの


食品衛生監視員と食品衛生管理者は、どちらも「任用資格」と呼ばれるものです。
資格を取得したからといって、それに準じた仕事に就く訳ではありません。国や地方自治体・企業から資格を活かせる仕事に任命されることではじめて、資格が意味を持ちます。

また、どちらも国家資格です。大学等において医学などの専門的な課程を修了して卒業した者、もしくは厚生労働省が指定する養成施設の課程を修了した者が、資格を得ることができます。


食品衛生責任者は別の資格

食品衛生責任者は別の資格


ちなみに、飲食店を開業する際に必要となる「食品衛生責任者」という資格があります。
こちらは今回紹介した2つの資格とは全く異なるためご注意ください。
食品衛生責任者は、施設において食中毒や食品衛生法違反を起こさないために衛生上の管理運営を行うための資格です。

以上が食品衛生監視員と食品衛生管理者の違いとなります。
食品衛生を目的とする2つの資格ですが、食品衛生監視員は公務員で食品衛生管理者は会社員だと認識してくださいね。

食品衛生に興味のある方にとって転職の参考となったなら幸いです。
それでは夢に向かって頑張ってください!