エアコンでの冷えがむくみの原因! オフィスでできるむくみ対策

RDサポート人材派遣

  • よくある質問
  • アクセス
  • サイトマップ

クイックWebエントリー

お問い合わせ・ご相談
0120-106-924

エアコンでの冷えがむくみの原因! オフィスでできるむくみ対策

このエントリーをはてなブックマークに追加


エアコンでの冷えがむくみの原因! オフィスでできるむくみ対策



オフィスのエアコンが寒すぎて、夏でも冷えに悩んでいる人は多いもの。
体が冷えた状態というのは、血流が悪くなって滞ってしまった状態です。

人の体は±5度以上の急激な気温変化には対応しきれない仕組みになっているため、暑い屋外と寒いオフィスを行き来するような生活が続くと、体調が崩れやすくなってしまいます。
さらにオフィスワークなどで座っている時間が長い人は、あまり足を動かさないために足の筋肉も衰えてしまいます。

この状態が続くと老廃物や水分を排出してくれるリンパの流れが滞ってしまうため、体はむくみをはじめとしたさまざまな影響が出てしまうので注意が必要です。

ここでは、オフィスでできるむくみ対策についてご紹介します。



夏の冷えを解消するテクニックとは?


オフィススタイルにカーディガンを取り入れているという人は多いと思います。
必要に応じて、ひざかけやレッグウォーマー、靴下などの防寒具も使って冷えを防ぎましょう。夏場でもカイロや湯たんぽといったアイテムを使う人も多いものです。

防寒具はあらかじめ春先の冬物一掃セールなどで買い込んでおけば、快適な夏を過ごせますね。


水分補給をする


老廃物を排出して代謝を促すには、こまめな水分補給がとても大切です。
ただし、夏だからといってキンキンに冷えた飲み物を摂り過ぎると、体はどんどん冷えてしまいます。

常温の飲み物かホットドリンクを意識して飲むようにするのが効果的です。しょうが紅茶やシナモン紅茶など、体を内側から温めてくれるものも良いですね。


運動や入浴で体を温める

運動や入浴で体を温める



運動不足は冷えの元になりますので、できれば生活に適度な運動を取り入れましょう。 エスカレーターやエレベーターを使うところを階段で登るとか、ひと駅ぶん歩くといったものなら取り入れやすいと思います。

また、夏場はついついシャワーのみで済ましてしまいがちですが、夜にゆっくりお風呂に浸かることも重要な冷え対策です。 内側からしっかり体を温める生活を心がけて、夏の冷えを徹底的に予防しましょう。

オフィスでの冷えを予防するのはもちろんですが、普段の運動不足を解消することや、お風呂で血行を促すことも大切です。座りっぱなしで足を動かすことが減れば減るほど、それだけ血液を押し上げる足のポンプが働かなくなります。

むくみは血管やリンパ管を押して圧力バランスを崩し、脂肪や老廃物が溜まりやすくなってしまいます。そこに冷房での冷えが加わることでさらに悪循環に陥ってしまうので注意しましょう。

職場のエアコンの設定温度を下げたり、直接冷風が当たらない場所に移動するなども友好ですので、職場の人と相談してみましょう。