留守番は何歳からがよい? 働くママと子どもの夏休み事情

RDサポート人材派遣

  • よくある質問
  • アクセス
  • サイトマップ

クイックWebエントリー

お問い合わせ・ご相談
0120-106-924

留守番は何歳からがよい? 働くママと子どもの夏休み事情

このエントリーをはてなブックマークに追加


留守番は何歳からがよい? 働くママと子どもの夏休み事情


働くママの大きな悩みといえば、やはり長い夏休み。
フルタイム正社員で働く世のママは、子どもだけで夕方までの長い時間を過ごさせることに抵抗を感じない人はいませんよね。

学童保育に預けるか、一人で留守番させるか、実家に預けるのか……
選択肢はさまざまあり、どれが適切なのか迷うことも珍しくありません。

では、同じように働くママたちは、夏休みの夕方までの時間をどのように対処しているのでしょうか?
ここでは、ワーキングマザーの子供の預け先や預けない場合の方法についてご紹介します。


実家に預ける? 学童に入れる?


祖父母や信頼できる友人に子どもを預けることが可能という場合には、夏休みはどうしても頼ってしまいがちになります。 そして、頼るところがないというママの場合はやはり学童保育が強い味方ではないでしょうか?

一般的な傾向としては、小学校3年生ぐらいまではお弁当を持たせて学童保育、4年生ぐらいからは学童に行かずに留守番をしたり友達と遊んだりしたがる子が多いようです。

学童保育に入れておくのが安心ですが、もしも子どもが学童保育を嫌がる場合には、その気持ちも尊重したほうが良いでしょう。
子どもがなぜ学童保育に行きたくないのか、どのように過ごしたいのかという思いを汲みとってあげることが重要です。


「夏休みならでは」の体験を!


ママの仕事が忙しいと、夏休みならではの体験もなかなかさせてあげる機会がなく、「旅行やアウトドアに連れて行ってあげられない」というお悩みを抱えるご家庭も珍しくありません。

そんなときには、夏休みにさまざまな団体が主催しているキャンプや宿泊イベントなどを利用するという方法があります。 1泊のものから、4泊もするようなものまでさまざまなイベントがあり、子どもの自立や心身の成長に一役買ってくれます。

また祖父母宅が遠方という場合には、子どもだけで電車やバスで行かせるのも良いですね。
子どもにとっては夏休みの良い経験になりますし、ママはまとまった時間を確保することができて一石二鳥です。

「実家が遠過ぎて飛行機が必要になるから無理かな……」と思う方も心配いりません。航空会社によっては子供の一人旅支援サービスがあり、出発空港から到着空港までの移動をてつだってくれますよ。


兄弟(姉妹)がいる場合には要注意

兄弟(姉妹)がいる場合には要注意



例えば高学年と低学年の兄弟がいるという場合、ついつい上の子に下の子のお世話を頼んでしまいがちになります。

確かに、兄弟がいれば留守番の寂しさは少なくなります。しかし、上の子に大きな負担がかかっていないかどうかはよく見極めなければならないポイントです。

兄弟を抱えているママは、それぞれの子どもと1対1で話をして、きちんと意見を聞き取るようにしたいものです。

学童保育は何年生まで入れるべきとか、子どもの留守番は何歳からOKといった問題に、明確な答えはありません。

学童保育が好きではないという子や、留守番はできるけど苦手という子など、子どもの性格はさまざまです。
親がどのような仕事の都合を抱えているかを子どもに話したり、子どもがどう過ごしたいかという意見を汲み取ったりという話し合いは必要不可欠です。

充分に話し合った上で、子どもの気持ちを尊重して方針を決めることが、子どもの真の自立につながっていくのです。