新しい介護食品「スマイルケア食」とは

RDサポート人材派遣

  • よくある質問
  • アクセス
  • サイトマップ

クイックWebエントリー

お問い合わせ・ご相談
0120-106-924

新しい介護食品「スマイルケア食」とは

このエントリーをはてなブックマークに追加


新しい介護食品「スマイルケア食」とは


内閣府の高齢化社会白書(2016年版)によれば、2015年10月1日現在の日本の総人口は1億2,711万人。そのうち65歳以上の高齢者人口は3,392万人で、総人口の26.7%を占めています。

高齢化率は今後も上昇の見込みで、2060年には2.5人に1人が65歳以上、4人に1人が75歳以上になる「超高齢化社会」が到来すると推算されています。

高齢者人口の増加にともない、要介護(要支援)認定者数も増加が予測され、介護食品のニーズも拡大すると考えられており、農林水産省は新しい介護食品についての取り組みを進めています。


従来の介護食品に見られる課題とは


これまでにも「介護食品」と呼ばれてきた食品はいろいろありましたが、その定義はあまり明確ではありませんでした。

噛むことや飲み込むことなど食機能が低下した方が利用する食品を指すこともあれば、特に食機能や健康状態に問題がない高齢の方を対象にした食品を幅広く指すこともあるという状況だったのです。

また、要介護認定者の食事については、施設や家庭での自助努力に依存する部分が大きく、介護食品の存在、おいしさ、使いやすさなどについての認知度は高くありませんでした。

こうした状況を改善し、介護食品を利用する人のQOL(Quality of life=生活の質)を向上させ、健康寿命の延伸を図ることを目的として農林水産省が検討を進めているのが新しい介護食品「スマイルケア食」です。

スマイルケア食を通じて介護市場の拡大を図ることで、食品産業および農林水産業の活性化も期待されています。


新しい介護食品「スマイルケア食」とは

新しい介護食品「スマイルケア食」とは


こうして新しい介護食品についての検討を進める中で、利用者および介護者・支援者がどの介護食品を選べばよいかをわかりやすくするために統一的な基準を示す必要が生じ、公募によって「スマイルケア食」という愛称が決定しました。

スマイルケア食の対象となるのは、原則として在宅の高齢者や障がい者の方のうち、以下のいずれかにあてはまる人です。

・食機能(噛む、飲み込む)に問題があることから、栄養状態が不良
・食機能に問題があるが、本人および介護者の工夫により栄養状態は良好
・食機能に問題はないが、栄養状態が不良

また、現状は上記に当てはまらなくても、いずれかに移行するおそれのある人も対象となります。
スマイルケア食の内容については、以下のものを言います。

・単品としての加工食品(レトルト食品など)
・個々の食品が組み合わされた料理
・料理を組み合わせた一食分の食(配食サービス、宅配食など)

対象者であっても、医師などの判断のもとに提供される治療食や病院食についてはスマイルケア食の対象外となります。また、形状がカプセル、錠剤となっているものは医療関係者や管理栄養士などの指示による使用量が異なったり、過剰摂取のおそれなどがあるため対象外となっています。

これらの対象について、「食べやすさ」「低栄養の改善」といった点はもちろん、「食べる楽しみ」「見た目の美しさ」「入手のしやすさ」などといった点にも配慮したものがスマイルケア食と定義されます。


7分類のマーク表示で選びやすく


スマイルケア食は青マーク(食機能に問題がない人に向けた栄養状態に配慮した食品)、黄マーク3種類(食機能にやや問題がある人に向けた食品)、赤マーク3種類(食機能にとても問題がある人に向けた食品)の7つに分類されます。

青マークは農林水産省による利用許諾、黄マークはJAS規格への適合、赤マークは特別用途食品制度による許可が条件となっています。それぞれに認定された食品は、マークを付けて販売することが許可されます。

ただし、利用者にとってはまだまだ複雑でわかりづらい部分が多いのも事実です。今後、スマイルケア食のさらなる認知度向上に向けた環境向上などの取り組みが期待されています。