研究職への転職は難しい!?その理由とは

RDサポート人材派遣

  • よくある質問
  • アクセス
  • サイトマップ

クイックWebエントリー

お問い合わせ・ご相談
0120-106-924

研究職への転職は難しい!?その理由とは

このエントリーをはてなブックマークに追加


研究職への転職は難しい!?その理由とは


食品メーカーや化粧品メーカーをはじめとした多くの生産・製造系企業では、先行投資として研究開発部門を設け、新たな技術の開発や成分の探索などを行っています。

こうした部門でさまざまな研究を行うのが「研究職」です。

一度はほかの職種に就いたものの、やはり研究職に就きたいという方もいるでしょう。 また研究職として就職したけれども、違う企業で研究に携わりたいと考える方もいるかもしれません。しかし、一般的に研究職の転職はかなり難しいとされています。

今回は、企業における研究職や、転職が難しいといわれる理由などについてお伝えします。


一般企業における研究職とは


研究職が業務として行う研究は、その性質によって大きく「基礎研究」と「応用研究」に分けられます。

基礎研究とは、特別な活用法や用途を考慮することなく仮説や理論を裏付けるための研究や、研究対象に対して新しい知識を得るための研究のことを言い、主に大学や研究所で行われています。

一方、応用研究は、基礎研究で得られた結果を元に目的を定め、実用化、製品化に向けて可能性を見出す研究のことを言います。 企業で行う研究は、製品の開発や改善につなげるための応用研究が多く、この業務を担うのが研究職です。

いずれの場合も、仮説を立てて実験を行い、結果を検証して改善を重ねるという繰り返しが基本的な業務となります。


研究職への転職は難しい! その理由は?

常備菜や食材冷凍を活用! 働くママの料理のコツ


一般的に「研究職への転職は難しい」と言われています。
では、なぜ研究職への転職は難しいのでしょうか?

その理由として、第一に「求人数自体の少なさ」が挙げられるでしょう。

「研究職というのは専門性が高い仕事であるため、ほかの一般的な職種――例えば営業職、技術職など――と比べてそもそもの募集人員数が少ないのです。
それに加えて、上記でお伝えしたとおり転職が難しいと言われていることなども背景に、一度研究職に就いた人はなかなか辞めないという事情もあります。」

一方、少ない求人枠に対して、研究職として働きたいと希望する方は少なくありません。
研究職への転職は、文字通り「狭き門」なのです。


研究職の転職で求められる条件とは?


少ない求人に対して希望者が多い研究職ですが、研究職求人は経験者の募集が多いということも、転職が難しいとされる理由の一つです。

企業は研究のエキスパートを求めているため、応募者に要求される条件も厳しくなります。
研究職の転職では以下のような条件が設けられているのが一般的です。

・大学、大学院で専門知識を学んでいる
食品業界で研究職に就くためには、農学、生化学、生物学、栄養学、食品化学、食品衛生学などについて学んでいる必要があります。学部卒でも主に検査エキスパートなどといった研究職求人はありますが、企業研究員の主流は大学院卒者を対象とした求人です。

・前職が研究職もしくはそれに近い内容である
中途採用の場合、大学院で専門分野を学んでいたとしても、職務としての研究経験が全くない場合はかなり難しいと言えるでしょう。


研究職の転職を成功させるには?


「たとえ難しいとしても、研究職として転職したい」という方もいらっしゃると思います。
そのような場合は、現在の仕事を続けながらじっくりと時間をかけて転職活動に取り組むことをお勧めします。

お伝えしてきたように、研究職の求人数は決して多くありません。そのため、ご自身の専門ややりたい分野などの希望に合う求人が出てくるまでは、焦って退職してはいけません。

転職サイトやエージェントを上手に活用して、時間をかけて求人情報を収集することが大切です。研究職への転職を考えている方は、ぜひ参考になさってくださいね。

≪基礎・応用研究のお仕事はこちら≫

<

【食品・化粧品・医薬品業界への転職ならRDサポート人材派遣】


RDサポート人材派遣では、理系女子の様々なライフスタイルやキャリアステージに合わせた転職活動を応援しています。

現在転職を考えている方はもちろん、今のお仕事を続けていくべきか悩んでいる方、初めての転職で不安な方も、まずはRDサポートのキャリアアドバイザーに相談してみませんか。




このエントリーをはてなブックマークに追加