20代と30代でどう違う? 転職活動時の世代別ポイント

RDサポート人材派遣

  • よくある質問
  • アクセス
  • サイトマップ

クイックWebエントリー

お問い合わせ・ご相談
0120-106-924

20代と30代でどう違う? 転職活動時の世代別ポイント

このエントリーをはてなブックマークに追加


20代と30代でどう違う? 転職活動時の世代別ポイント


20代で早めに転職する人、経験を重ねてある程度の実力を付けた30代で転職する人、転職を考える年齢は人それぞれです。

どちらの場合にもその世代なりのニーズがありますが、20代と30代とでは企業が期待するものが異なります。

20代と30代、それぞれの転職活動のポイントを押さえておきましょう。



転職のタイミングは20代? それとも30代?


新卒で入社し、社会人として経験を重ねるうちに「転職」を考え始める人は少なくありません。しかし漠然と「いずれ転職したい」と思うものの、明確にいつ転職するかについては決めかねるという方も多いでしょう。

一般的に転職する人の平均的な年齢は、28歳前後とされています。新卒で就職して比較的すぐの20代半ばから後半にかけて、転職を考える人が多いようです。

一方で、近年では30代で転職する人も少なくありません。以前は終身雇用が主流だったため、35歳を過ぎると転職は難しいと考えられていました。しかし終身雇用制度が崩壊し、就業者の高齢化が進んでいる現在では、30代以降のミドル層をターゲットにしている企業も増えてきています。

そのため昔に比べて転職に対するハードルが下がり、経験を重ねてスキルを磨いた人が、より良い条件で働くことを求めて転職するというケースが増えているのです。

20代での転職と30代での転職は違う? 意識するべきポイントとは?


20代での転職と30代での転職、単純にどちらが良いと言えるものではありません。転職する人の環境や考え方により、最適なタイミングは異なると言えるでしょう。

ただし、若く経験の浅い20代の人と、ある程度経験を重ねてきた30代の人では、転職先の企業に求められるものが当然変わってきます。

このため、20代の人の転職活動と30代の人の転職活動では、意識すべきポイントが異なるのです。


20代の人の転職で求められるもの


20代、特に「第二新卒」と呼ばれる大学卒業後3年以内の人材に対して、採用する企業側は即戦力であることをそこまで重視していないケースが多いでしょう。この世代には柔軟性があり、さまざまなことに適応して育っていくことが期待されているのです。

そのため20代半ばまでの転職活動においては、新しい仕事への熱意や意欲、誠実さなどが注目されるポイントとなります。ただし新卒ではないので、社会人としての一般常識やビジネスマナーがきちんと身に付いていることも大切です。

20代後半は、先述の通り転職する人が最も多い世代です。新卒で入社した企業で仕事に対する基礎を身に着け、なおかつさらなる成長を期待できるのがこの世代の人でしょう。これまでの経験をもとに、それを応用した難易度の高い仕事に挑戦していく人も多いはずです。

転職活動の際は、これまでの職務経験を通じて身につけたスキルや、それを転職先でどのように生かしたいかといった自分なりのビジョンを伝えることが必要となってくるでしょう。


30代の人の転職で求められるもの

30代の人の転職で求められるもの


30代以降の人が転職する場合は、20代とは異なり「即戦力」となる人材が求められます。これまでに培ってきた職務経験やスキルを生かし、いかに企業に貢献できる人材であるかどうかが注目されるのです。

30代前半の人にはプレイヤーとしての活躍を期待されることが多いですが、20代の若手層が多い企業では、周りを引っ張っていけるようなベテランプレイヤーとしての活躍が期待される場合もあります。

そこでポイントとなるのが、コミュニケーション能力やプレゼン能力といったビジネススキルです。これまでに培ってきた専門的なスキルに加え、マネージャーとしての資質や熱意なども伝えられるようなアピールができると良いでしょう。

30代後半になると、管理職候補の募集であることが増えてきます。そのためプレイヤー時代に培った専門的なスキルやビジネススキルに加え、マネジメントの経験や実績が求められることがほとんどです。

もしプロジェクトリーダーやマネージャーなどの役職に就いた経験がない場合でも、チームのリーダー的な役割を担った経験や後輩の指導経験などがあるようなら、マネジメントに対する意欲とともにアピールしてみましょう。


今回は20代と30代、それぞれの世代の転職において、企業が求める資質などについてお伝えしました。

転職にふさわしいタイミングは、その人のキャリアやライフステージなどによっても変わってくるため、一概には言えません。しかし企業が世代に対して求めるものは、どの業界や職種においても、そう大きくは変わらないものです。

また面接などの際に人事や面接担当者が、入社後の活躍をイメージできると採用につながりやすくなると言われています。

企業が自分にどのような部分を求めているのかを理解し、活躍イメージを持ってもらえるようしっかりとアピールすることが大切です。転職活動の際に、ぜひ参考にしてみてくださいね。


【食品・化粧品・医薬品業界への転職ならRDサポート人材派遣】

RDサポート人材派遣では、理系女子の様々なライフスタイルやキャリアステージに合わせた転職活動を応援しています。 現在転職を考えている方はもちろん、今のお仕事を続けていくべきか悩んでいる方、初めての転職で不安な方も、まずはRDサポートのキャリアアドバイザーに相談してみませんか。

≪RDサポートのキャリアアドバイザーに相談する≫