いつ誰に伝えるべき? 退職を決めたときの伝え方

RDサポート人材派遣

  • よくある質問
  • アクセス
  • サイトマップ

クイックWebエントリー

お問い合わせ・ご相談
0120-106-924

いつ誰に伝えるべき? 退職を決めたときの伝え方

このエントリーをはてなブックマークに追加


いつ誰に伝えるべき? 退職を決めたときの伝え方


転職活動というと、転職先を見つけて内定をもらうことにばかり意識が向きがちですが、スムーズに転職するためには現在の勤務先を円満に退職するのも大切なことです。

初めて退職するという人の場合などは特に、退職の意思をいつ、誰に伝えるべきなのか、退職に向けて具体的にどのような手順を踏めば良いのかなど、判断に迷うこともあるでしょう。

そこで、退職する際の意思の伝え方や退職までの流れと、押さえておきたいマナーや注意点などについてご説明します。円満退職するためにも、しっかりと把握しておきましょう。



退職を申し出るタイミングはいつがいい?


民法では、2週間前までに申し出ることで退職できると定められています。しかし、就業規則などによって「1ヵ月前まで」などそれより早い時期の予告が必要であると定めている企業も少なくありません。

あらかじめ退職日のどのぐらい前までに申し出る必要があるのかを確認しておきましょう。特に決まりがない場合でも、引き継ぎに必要な期間などを考慮して、1~2ヵ月前には退職意思を伝えるのが理想的です。

円満退職を目指すのであれば、プロジェクトの進行中や人事異動後など、引き継ぎの難しい時期に退職を切り出すのはできるだけ避けたいところです。 タイミングとしては、なるべく繁忙期を避け、上司の時間の都合が付きやすい時間帯を選んで切り出すのが好ましいでしょう。

まずは退職の意思を伝えよう


・正社員、契約社員、アルバイト、パートの場合
退職の意思を最初に伝える相手は、必ず「直属の上司」にするのが大切です。

社内に親しい同僚や先輩、あるいは現在の上司以外にお世話になった上司などがいる場合でも、直属の上司より先に伝えるのはマナー違反です。ほかの人を通じて上司の耳に入ったり、会社として公表する前にうわさ話になったりするようなことがあれば、上司の気分を損なうことになりかねません。

「お話があるのですが、お時間よろしいでしょうか?」などと切り出し、退職の意思を伝えましょう。

退職意思を伝える段階では、相談という形を取ることが多いですが、このときに交渉の余地があると思われると、引き留めに合うこともあります。前向きで個人的な退職理由とともに、退職への固い意思を表明しましょう。

いつ頃までに退職したいと考えているかを伝え、退職時期を相談するという形が良いでしょう。

直属の上司に相談する前に同僚などに退職の話をすべきではないと書きましたが、上司に相談した後も、正式に退職が認められるまでは退職について他言するのを極力避けることをおすすめします。

・派遣社員の場合
退職の意思を伝える相手は、「派遣会社の営業」です。就業先の上司や指揮命令者ではありません。

派遣会社の担当営業から契約更新の確認連絡がありますので、退職を希望する旨を伝えましょう。派遣会社に伝えるよりも先に就業先の上司や社員に伝えてしまうと、退職時期などについてトラブルになる可能性がありますので、注意が必要です。

退職時期の交渉などは派遣会社の営業と就業先の上司の間で行います。基本的には契約期間満了で退職となります。


「退職願」は退職が正式に認められてから


「退職願」は退職が正式に認められてから


退職日については、自分の希望と業務の流れなどを考慮の上、直属の上司と話し合って決めましょう。退職が正式に認められたら、会社の求めに応じて退職願を作成し提出することになります。

書式に関しては、会社に規定の書式がある場合はそれを使用して作成します。特にフォーマットがない場合は手書きもしくはPCで作成しましょう。この場合、白地に縦書きで「退職理由(一身上の都合とするのが基本)」「退職日」「書類の作成日」を記し、署名捺印します。念のために提出する退職届のコピーを控えとして持っておくと良いでしょう。

作成した退職願は表書きに「退職願」と記した白地の封筒に入れ、直属の上司に手渡します。退職日の1ヵ月前から2週間前ぐらいまでに提出するようにしましょう。


退職する際の伝え方のマナーやポイントについてお伝えしました。これまでお世話になった職場を円満に退職するためにも、礼儀を守ってスマートに退職できるようにふるまいたいですね。


【食品・化粧品・医薬品業界への転職ならRDサポート人材派遣】


RDサポート人材派遣では、理系女子の様々なライフスタイルやキャリアステージに合わせた転職活動を応援しています。

現在転職を考えている方はもちろん、今のお仕事を続けていくべきか悩んでいる方、初めての転職で不安な方も、まずはRDサポートのキャリアアドバイザーに相談してみませんか。

≪RDサポートのキャリアアドバイザーに相談する≫